生産休止商品


2002年11月末日をもち、エキゾーストシステムの生産は、完全休止いたしております。

また、全商品の構成パーツにつきましては、毎年度ごとに生産見直しで、都度、部品の価格変更を行っております。
エキパイ部品は、ワンオフ製作となりますので、価格変更(見積り算出)となっております。
その他パーツも、製品購入時の付属パーツリストと価格が大幅に違う場合がございます
ので、お手数ですが、
御依頼/御注文の前に、一度 お問合せ(見積り依頼)をいただけますよう、お願い申し上げます。


無償補修サービス分につきましては、2003年11月30日(日)までに製品付属のアンケート葉書を

当工房まで御返送いただいた、当工房の顧客リスト登録のお客様のみに限らせていただきます。


顧客リスト未登録/譲渡等で、使用者の名義変更を行なっていない場合は、有料にての御提供となります。
同様に、2003年11月30日(日)以降の製品御購入分につきましても、有料にての御提供となります。
予め御了承いただけますよう、お願い申し上げます。

【2003年11月30日(日)の時点で、当工房の顧客リスト未登録の場合は、すべて有料にての御提供なります。】



エキゾーストシステムは、生産を完全休止いたしますが、その他商品につきましては、今後も開発/販売は、
随時行ってまいりますので、今後とも 何卒 よろしく お願い申し上げます。



カワサキ 車種 品番 商品名 価格(税別) 在 庫
zzr11d01.jpg (23743 バイト) Kawasaki
ZZ-R1100 D
0011-2101-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
タンデムホルダー付属
\250,000
完売致しました
0011-2101-5000 (Φ100)
zzr11c-rism.jpg (34277 バイト) Kawasaki
ZZ-R1100 D
0011-2101-1000 (Φ120) R−ISM
スタンダードバージョン

\208,000 完売致しました
0011-2101-4000 (Φ100)
zzr11c01.jpg (24960 バイト) Kawasaki
ZZ-R1100 C
0011-2102-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
タンデムホルダー付属
\250,000
完売致しました
0011-2102-5000 (Φ100)
zzr11c101.jpg (27513 バイト) Kawasaki
ZZ-R1100 C
0011-2102-1000 (Φ120) R−ISM
スタンダードバージョン

\208,000
完売致しました
0011-2102-4000 (Φ100)
zzr11d01.jpg (23743 バイト) Kawasaki
ZZ-R1200
0011-2106-7000 (Φ120) R−ISM
FV 2テール仕様
タンデムホルダー付属
\350,000 完売致しました
0011-2106-8000 (Φ100)
zzr1200fv.jpg Kawasaki
ZZ-R1200
0011-2106-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
タンデムホルダー付属
\250,000 完売致しました
0011-2106-5000 (Φ100)
zzr1200sv.jpg Kawasaki
ZZ-R1200
0011-2106-1000 (Φ120) R−ISM
スタンダードバージョン

\208,000 完売致しました
0011-2106-4000 (Φ100)
zx12r001.jpg (26968 バイト) Kawasaki
ZX-12R
0011-2103-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
タンデムホルダー付属
\250,000 完売致しました
0011-2103-5000 (Φ100)
zx12r101.jpg (29355 バイト) Kawasaki
ZX-12R
0011-2103-1000 (Φ120) R−ISM
スタンダードバージョン

\208,000 完売致しました
0011-2103-4000 (Φ100)
zrx11001.jpg (28302 バイト) Kawasaki
ZRX1100
ZRX1200
0011-2104-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
イージーUPスタイル
\220,000
完売致しました
0011-2104-5000 (Φ100)
zx9r001.jpg (31093 バイト) Kawasaki
ZX-9R '98〜
0011-2205-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
タンデムホルダー付属
\250,000 完売致しました
0011-2205-5000 (Φ100)
zx9r101.jpg (26736 バイト) Kawasaki
ZX-9R '98〜
0011-2205-1000 (Φ120) R−ISM
スタンダードバージョン

\208,000 完売致しました
0011-2205-4000 (Φ100)
ヤマハ 車種 品番 商品名 価格(税別) 在 庫
yzfr1s01.jpg (28928 バイト) Yamaha
YZF-R1
〜2001
0111-4201-1000 (Φ120) R−ISM
スリップオン(SV)

\108,0000 完売致しました
0111-4201-4000 (Φ100)
Yamaha
YZF-R1
2002〜
0111-4204-1000 (Φ120) R−ISM
スリップオン(SV)

\108,000 完売致しました
0111-4204-4000 (Φ100)
yzfr6s01.jpg (35986 バイト) Yamaha
YZF-R6

〜2001
0111-4402-1000 (Φ120) R−ISM
スリップオン(SV)

\108,000 完売致しました
0111-4402-4000 (Φ100)
xjr13-001.jpg (31931 バイト) Yamaha
XJR1300

XJR1200
0011-4103-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
イージーUPスタイル
\220,000 完売致しました
0011-4103-5000 (Φ100)
xjr13-201.jpg (31302 バイト) Yamaha
XJR1300

XJR1200
0011-4103-2000 (Φ120) R−ISM
R−modeアールモード

\230,000 完売致しました
0011-4103-6000 (Φ100)
ホンダ 車種 品番 商品名 価格(税別) 在 庫
cbr9rr02.jpg (26791 バイト) Honda
CBR900RR
2000〜
0011-1201-1000 (Φ120) R−ISM
スタンダードバージョン

\208,000 完売致しました
0011-1201-4000 (Φ100)
スズキ 車種 品番 商品名 価格(税別) 在 庫
ga1200ss120.jpg (11647 バイト) Suzuki
GS1200SS
0011-3101-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
イージーUPスタイル

\220,000 完売致しました
0011-3101-5000 (Φ100)
gsxr1000_120.jpg (18542 バイト) Suzuki
GSX-R1000
0011-3102-0000 (Φ120) R−ISM
ファーストバージョン
イージーUPスタイル

\220,000 完売致しました
0011-3102-5000 (Φ100)
GSX-R1000 R-mode.jpg (13599 バイト) Suzuki
GSX-R1000
0011-3102-2000 (Φ120) R−ISM
R-modeアールモード

\230,000
完売致しました
0011-3102-6000 (Φ100)





R−ISM サイレンサー メンテナンス料金 (送料/消費税 別途)

インナー交換(グラスウール交換 + SUSウール交換)   ¥10,000
(税込)

その他のメンテナンスは、お手数ですがお問合せ(見積り依頼)をいただけますよう、お願い申し上げます。






生産完全休止いたしております、フルエキゾーストは、以下のコンセプトのもと生産いたしました。
御参考になればと思い、開発当初(2000年)のHP掲載文面を記載いたしました。

今もなお、モノづくりの姿勢は、変わらぬコンセプトを貫いております。


オリジナル ハイクオリティーマフラー R-ISM 【リズム】について


Auto R−ISM.comのモノづくりには、《KODAWARI》が根底にあります。


アウト リズム ドットコム最初の
工房活動として、モノづくりの基本姿勢/基本概念/基本技術 等が問われるフルエキゾーストシステムの開発製作を選択いたしました。
ブランド名称は、工房名の由来にもなっている、最も重要な基本ポリシーを表すキーワード R-ISM 【リズム】 といたしました。ファーストラインナップ車種は、技術的ノウハウが、スタッフの手中にある【ZZ―R1100】から始めました。

まず、商品としてのインパクトを強調するために、エキゾースト部に迫力のΦ42.7チタンパイプを採用。
なお、非常に高温(800℃以上)となる排気出口部には、チタンより耐熱性にすぐれたステンレス素材を採用。
しかも性能追求の為に、
Φ38(ステンレス)からΦ42.7(チタン)へと、スムーズに排気が移行するように、異径パイプジョイント仕様の採用としました。 (コニカルヘッダーと同様のシステムと御理解下さい。)

フルチタンが、もてはやされる現在に、あえてステンレスの採用とは、
ものづくりを知り得たエンジニアにしか出来ない適材適所を極めた素材選びなのです。
ステンレス選びにおいても、単なるステンレスパイプを使用するのではなく、フルチタンマフラーの総重量に引けを取ることのない軽量化を重視した肉厚
0.8mm特殊パイプを選択使用するなど、すべてが、理由づけられる考えのもとで作りだされていく逸品なのです。

また、手曲げ仕様では、初のバイパス方式を採用したのも、そのあらわれです。
寸法的制約が極端に緻密で、熟練職人でしか可能にできない方式の採用も、知り得たものだけができるこだわりのひとつです。

そして、テールパイプには、迫力の
Φ60.5チタンパイプを選択し、デザイン面での バランス追求も忘れてはいません。
これもまた、
Φ50.8(チタン)からΦ60.5(チタン)へと変化させる異径パイプジョイント仕様を採用し、性能追求にも怠りはありません。

極太パイプ使用マフラーにありがちな、中低速トルクの犠牲や、あつかいにくさ、の対処は、エキパイ異径JT(Φ38〜Φ42.7)+バイパス方式+テールパイプ異径JT(Φ50.8〜Φ60.5)を基本設計としつつ、
困難とされるパイプ同長の完全寸法を算出し、全回転域の操作性を快適な方向性へと導き出しております。

サイレンサーにも、こだわりがあります。消音材のウール系とリベットを除くすべてのパーツ類(バッフルに至るまで)をチタンで統一製作 軽量化と耐久性を高次元で融合させております。

ファーストバージョンのデザインシルエットは、
オリジナルタンデムステップホルダーをアルミビレット削り出しパーツで製作し、アピール度の高いUPスタイルを採用。高級感と存在感をフルに融合させつつも、機能面を損なうことのない、こだわりの設計デザインです。

この製品は、モノづくりを知り得た人間だからこそできる芸当であり、それは、
デジタルでもアナログでも、変わることの無い基本姿勢/基本技術が根底に元づく、エンジニアのみが可能にさせる逸品であります。

作業工程を、デジタルからアナログに変換する。途方もない作業の繰り返しと手間をかけたものづくりの姿勢。人間臭さの演出。 職人気質を前面に出す製品開発。 等など…………。


現在の便利さをそのままに、なにも犠牲にすることなく優美なアナログ感をプラスする。

マイナスではない。 プラス。 それが、コンセプトです。


2000/02/01



現在も、変わる事無く、Auto R−ISM.comのモノづくりには、《KODAWARI》が根底にあります。




 



〒590-0005
大阪府 堺市 堺区 南清水町 3−1−5
電話  072-226-8410
Fax  072-226-8411
URL http://www.AutoR-ISM.com

Copyright (C) 2000,01 AutoR-ISM.com All Rights Reserved.